Solanaへ

ブログ

 

本人にだけ手紙を渡そうと思いましたが、私とSolanaの思い出は、きっと応援してくれたファンの皆さんのものでもあると思い、今までのありがとうを込めてブログに書かせてもらいたいと思います。

 

出会いは2年前。

SNSで数多くいるシンガーソングライターのアカウントから誰かいい人を見つけられないかと探して、その中で私の目に光ったのがSolanaでした。

メールアドレスに「主催に出て欲しい!」と連絡して直接会ってご飯を食べて。

不思議なとこにSolanaは初めて会った時から友達みたいな感覚で話せて、一瞬でSolanaの人柄も好きになりました。

主催に出演してくれて、ワンマンライブにゲスト出演してくれて、私への歌も作ってくれて、路上ライブも一緒にやって、次の夏にはツーマンライブをして。

本当に同じ歌を唄うシンガーの中でも最高の仲間でした。

 

活動休止前に「話したいことがある」といわれて一緒にご飯を食べていたとき、

Solanaが「休止しようと思う」と話をしてくれて、その瞬間胸がキュッとなって頭の中が少し混乱してそれを本人に見せるべきなのか分からなくてうんうん、と話を聞いて。

でもSolanaの話す表情も、今までのことを振り返って話す声も瞳もどこか穏やかで、決して今回の活動休止をマイナスに捉えていないこと、それが私にとっての救いになりました。

だから

「またやりたくなったときに、歌うたえたらいいね!」

そう伝えました。

 

ご飯を食べ終わって二人で知り合いのライブを見ていた時、今隣で客席からステージを見つめるSolanaはどんな気持ちで、歌を聴いてるんだろう、そして本人にしかわからない何かがいつか自分の中にもやってくるんじゃないかって心に問いかけたりもしました。

きっと誰にも言えないことだって沢山あって、でもSolanaが見たきた景色と隣り合わせにあったのが自分の人生であり、そして同じくらい想っていたのは応援してくれたファンの皆さん一人一人のことだと思います。

 

心の中に音楽がどうあるべきなのか、

ステージの上で歌を歌うことは決して当たり前なんかじゃなくて、歌う場所も時間も、会場にいるお客さんも全部その一瞬しかない特別なもので。1回きり。

沢山の葛藤があり、それでも歌うことを選び、誰かに元気になってもらいたいから、そんな想いでSolanaだけではなく多くのアーティストも活動していると思います。

 

10年走り続けてきたSolanaの音楽活動。

出会えたのは2年前からでしたが、

Solanaと出会えて私は沢山救われました。それは、仲間として、友達として。

 

沢山歌を届けてくれて、ありがとう。

 

一緒に活動してくれて、ありがとう。

 

またいつか一緒にステージで歌える日を楽しみにしているね^^

 

mo.ka